機関誌「商業施設」2020-06月号 発刊

機関誌「商業施設」2020-06月号が発刊されました。

今回のラインナップ(目次)は、次のとおり。

p1~2 空間へのアプローチ
社会的距離 : 金城正紀

p3~8 特集PART1・RESEARCH
渋谷PARCO

p9~12 波(デザイン思考)
空気をほどくしごと : 田中利岳

p13~16 WORKS(商業施設士のしごと)
焼肉屋なのに和紙のランタンで客を迎える期待感ある店づくり : 加藤博正

p17~18 Market・Trend・Challenge
データ活用法・第18回 : 角口多可志

p19~20 国・地域・社会の動き
キッズ市場 : 秋山訓久

p21~22 (街で見かけた)新業態を探る
知るカフェ東京大学前店 : 大滝道晴

p23~24 くらしの情景
気取らない人情味ある東京に出会えるまち、東京・葛飾区 立石 : 渡邊あゆみ

p25 トレンドサーチ!
トイサブ(後編) : 板橋智美

p26 ことばKnowledge
新型コロナウイルス関連のことば・名前 : 古川紳太

p27~28 風-社会の研究室-
江戸の大名庭園 : 山本一吉

p29~30 TECHNICAL・CONTENT
廃ガラスから作るリサイクル素材「キルンワークガラス」 : 大滝道晴

p31~32 商い(アキナイ)
わくわく感動ワンダーランド 競馬場 : 山本一吉

p33~34 index
Coaska Bayside Stores : 渡邊あゆみ

p35~36 TOPICS
2020年4月1日施行「改正意匠法」レポート : 出原秀仁

p37 BOOK案内
「プロジェクト・ジャパン メタボリズムは語る」、「SMALL HOTEL & GUEST HOUSE DESIGNS」、「仕上げデザイン究極ガイド」

p38 連合会からのニュース

p39~40 時代を超えて。-こだわりの店-
きねや足袋 : 渡邊あゆみ

p41~42 若きデザイナーの発想とその原点
お家にいながら、商いの未来を考える : 小関理恵

p43~44 演/遊
江戸切子から広がる新たな世界「haku硝子」/ 三田村義広 : 渡邊あゆみ

p45~46 人と場
最初に川ありき 目黒川エリア・異例の春

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL