公益社団法人商業施設技術団体連合会

IDM TOKYO 2018 が開催されます。

IDM(Interior Design Meetinng)TOKYO 2018が開催されます。

様々な目的や指針を持つ、インテリア関連団体(現在21団体よりの有志からなる)が、ゆるい連携をし、団体間の相互理解、協力、交流を図る中で、インテリア領域の重要性を社会に発信し、社会資産を造るプロとしての立場を確立するために発足した、新しい動きがなされています。

交流会、セミナー、シンポジウム、教育機関との連携、アライアンス事業、デザイン展開催等が計画されています。

昨年のIDMキックオフイベントでは、各団体による9つのセミナー、交流会が開催され、約400名の参加者をがあり、関心の高さが感じられました。

今年は、さらにその動きを発展させ「IDM TOKYO 2018」と称し、デザイン展、セミナー、交流会を11/30〜12/1、スパイラルガーデンにて(青山)開催されます。

↓詳しくは、コチラを↓
http://idm-tokyo.com/

2018/10/19(Fri) 14:27    no. 17

平成30年度・後期、商業施設士 資格試験(実施日:12月16日)

本年度・後期の「商業施設士 資格試験」の実施概要です。
http://www.jtocs.or.jp/pages/cmspace_d/cmspace_d02-01-3002.html

2018/09/03(Mon) 14:26    no. 16

主張する「みせ」学生デザインコンペ(第16回)

本年度(H30年度/'18-'19)の、主張する「みせ」学生デザインコンペの概要です。

http://www.jtocs.or.jp/pages/projects/projects02-03.html

2018/09/02(Sun) 14:25    no. 15

平成30年度・前期、商業施設士補 資格講習会(実施日:10月21〜28日)

本年度・前期の「商業施設士補 資格講習会」の概要です。

http://www.jtocs.or.jp/pages/cmspace_ad/cmspace_ad03-01.html

2018/09/01(Sat) 14:24    no. 14

機関誌「商業施設」2018-08月号 発刊

機関誌「商業施設」2018-08月号が発刊されました。

今回のラインナップ(目次)は、次のとおり。

p1〜2 話(wa)
 よもやまばなし 第3話

p3〜8 特集PART1・INTERVIEW
 東京ミッドタウン日比谷/三井不動産の街づくり : 豊藏英介(三井不動産株式会社 東京ミッドタウン日比谷事業室 室長)

p9〜12 波(デザイン思考)
 お店の内装というものについて : 中村竜治

p13〜16 WORKS(商業施設士のしごと)
 お店創りの醍醐味とは : 清 和美

p17〜18 国・地域・社会の動き
 外資系ホテル : 秋山訓久

p19〜22 特集PART2
 シリーズ「安全安心・快適の基本を見つめ直す(3)」/「安全・安心・快適性」をさぐる 風・音・光で磨く新幹線車両のデザイン : 福田哲夫・稲垣 博

p23〜24 (街で見かけた)新業態を探る
 珍味・おつまみギフトの専門店「Hotaru no Hikari」 : 大滝道晴

p25 マーチャンダイズ・プレゼンテーション
 色のイメージ : 小田切純子

p26 BOOK案内
 「建築家の広がり」、「世界の木造デザイン」、「東京店構え」

p27〜28 くらしの情景
 今も昔も変わらない商業の中心地「東京・日本橋界隈」 : 渡邊あゆみ

p29〜30 風-社会の研究室-
 氷川丸 : 山本一吉

p31〜32 TECHNICAL・CONTENT
 ファニチャーリノリウム : 大滝道晴

p33〜34 空間へのアプローチ
 有機的形態とディテール : 金城正紀

p35〜36 商力(あきないぢから)
 辰巳新道 : 大滝道晴

p37〜38 index
 MORI Building DIGITAL ART MUSEUM:EPSON teamLab Borderess :渡邊あゆみ

p39〜40 次世代の活動をめざすため 商施連を支えたひとに聞く

p41〜42 連合会からのニュース

p39〜40 時代を超えて。-こだわりの店-
 ヘアーサロン 喜多床 : 渡邊あゆみ

p41〜42 若きデザイナーの発想とその原点
 体験という知識を売る本屋へ : 小関理恵

p43〜44 演/遊
 器づくりの魅力〜器の佇まいを大切に : 古川元吾

p45〜46 人と場
 最初に川ありき/土と水と緑の町・今夏便り

13-s-1.jpg

2018/08/09(Thu) 14:23    no. 13