商業施設士とは

商業施設とは“人々の出会いと感動を提供できる場、装置、システムを保有する空間+時間”のことであります。
商業施設士とは、そのような商業施設の企画、設計、監理、施工、運営などに対して専門家として公正に職能を発揮できる専門家のことです。

私たち「公益社団法人商業施設技術団体連合会」は、資格認定事業を通じてこれら店づくり、街づくり全般に必要な専門知識や技術を有すると認める者に対して「商業施設士」の称号を付与し、プロの専門家育成を推進しています。

なお、「商業施設士」の資格制度は、下記に載せているように“上位資格”としての「マイスター商業施設士」、「シニア商業施設士」の称号と、商業施設士の予備軍的位置づけの「商業施設士補」と、いくつかの区分分けした称号があります。

▶ 商業施設士からのメッセージ

 

商業施設士 上位資格制度

「マイスター商業施設士」は、商業施設・流通サービスについて全般的に広く高度な専門性と見識を持ち、社会に広く商業施設士制度を普及することを通して、商業及びまちづくり等の発展・向上に貢献し得る商業施設士に付与する称号です。
「マイスター商業施設士」認定に関しては、一定の基準を設け、書類提出による審査を行った後、審査を通過した者に登録を付与しております。
「シニア商業施設士」は、商業施設士としての一定期間の実績を積み、更に商業及びまちづくりに対して積極的な改善、提案をする意思のある者に付与する称号です。

以下、「マイスター商業施設士」等の概要ならびに申請、審査書類についてご覧ください。

▶ 商業施設士“上位資格”策定の経緯(PDFファイル)

▶「マイスター商業施設士」について(認定基準、審査・登録等の手続きの流れ、審査に必要な書類について)(PDFファイル)

▶ 審査に必要な書類(様式)(PDFファイル)

▶ 所定用紙A(PDFファイル)

▶ 所定用紙B(PDFファイル) ▶ 所定用紙Bの記入例(PDFファイル)

▶ 所定用紙C(PDFファイル)

▶ 所定用紙D(PDFファイル)

▶ マイスター商業施設士 登録証について(PDFファイル)

▶「シニア商業施設士」の認定基準(PDFファイル)

▶ シニア商業施設士 登録証について(PDFファイル)

※「シニア商業施設士」に該当する方へは、登録更新期にそれぞれご案内致します。

 

資格者に求められる技能

商業施設士に求められる技能は、各業務分野において異なります。
現在活躍中の資格者がこれら全ての技能を持っているのではなく、各自の得意分野、業務特性に応じた個別の専門家として活動しています。

■企画・立案分野

商品開発に関する知識、技能、
出店計画の企画、基本方針立案等に関する知識・技能
商業環境、立地、商圏に関する評価、診断に関する知識・技能
生活者の消費動向、購買行動、利用客層に関する知識・技能
業種業態の開発に関する知識・技能 など

■設計・デザイン分野

施設計画、動線計画、建築物等の設計に関する知識・技能
商業施設のデザイン表現に関する知識・技能
内外装工事、設備機器工事、備品等の設計図書作成に関する知識・技能
商品、展示および、什器具等の配置・色彩・照明計画に関する知識・技能
工期、工事費積算に関する知識・技能 など

■施工分野

工程表の作成と運用、工事期間中の仮営業に関する知識・技能
施工管理、検査、工事現場運営に関する知識・技能
設計監理者との調整、検査、確認に関する知識・技能
設計図書、工事契約、その他施工に必要な諸手続に関する知識・技能
予算管理に関する知識・技能 など

■運営・販売促進分野

商品の仕入、納品、商品管理に関する知識、技能、陳列、展示、表示等、売場づくりに関する知識・技能
労務管理、施設管理、出納などに関する知識・技能
販売促進、催事等の計画に関する知識・技能
広報宣伝、広告作成に関する知識・技能 など